私立高校の授業料無償化について

スポンサードリンク


私立高校の授業料無償化について

公立高校授業料無償化は私立高校も関係しています。

 

新しい制度に2014年4月よりなります!
>>新しい高校授業料無償化について

 

私立高校の授業料に関して

私立高等学校等の生徒については、高等学校等就学支援金として、授業料について一定額(年額11万8,800円)を支給しています。

 

支給される高等学校等就学支援金は、簡便かつ確実に授業料負担を軽減できるように、学校が生徒本人や保護者にかわって受け取り、授業料の一部と相殺するしくみになっています。

 

 ※国立学校の場合は、都道府県を介さずに、国から学校へ直接支給されます。

 

このように2013年時点では私立高校は学校へ高等学校等就学支援金という名目で授業料の一部と相殺されています。

 

2014年からの私立の高校授業料無償化について 

平成26年度からは私立は充実していきます。

 

900万円前後といわれる公立高校の授業料無償化の所得制限で浮いた財源で、低所得世帯の私立高校授業料も実質無償化とする話があがっており、
従来の就学支援金の増額に加え、私立高校生がいる年収250万円までの世帯を対象に、返済義務がない給付型奨学金を新設する方針です。
金額は年14万円を支給し、私学も実質無償化とする方針です。

 

2013年11月【追記】

この所得制限の実施は2014年度から、年収910万円以上の世帯を無償化の対象から外すという内容がこれからの国会で話し合われるようです
910万というのはどうしてこういう金額かというとこの所得制限の対象を全体の2割程度にする為ということです。

 

これにより高校生全体の22%が高校授業料無償化の対象から外れ、約490億円の財源が生み出されると試算されています。

 

あくまで話し合いの段階なので決まり次第また紹介します。

 

【追記】2014年4月からの新制度がきまりました!
>>新しい高校授業料無償化について 【平成26年度 (2014年)】

スポンサードリンク


私立高校の授業料無償化について関連ページ

高校授業料 無料 所得制限
公立高校と私立高校の授業料無料に関する最新情報。公立高校授業料無償化の所得制限に関する情報をここでは紹介します。